18. フットサル

フットサルTシャツ制作の流れ

2016年06月03日 20時42分

フットサルチームでオリジナルのユニフォームを制作しようと思ったときには、
どのような流れで作っていくことになるのでしょうか?
 
オリジナルのユニフォームになりますので、まずはデザインを考えなければなりません。
実際に、業者にお願いする際にも、大まかなデザインを求められることが多いです。
まずは見積もりを出すことになるのですが、デザインの大まかな位置や大きさなどが決まっていないと、
正しい見積もりを出すことができませんん。
 
それから、オリジナルTシャツの元となるTシャツの生地も決めることになります。
最も安いTシャツと高価な生地のTシャツとでは価格が大きく異なりますので、
これも決めて見積もりに出すようにしましょう。
フットサルで利用するのであれば、通気性や速乾性に優れた
ドライ機能のTシャツが良いのではないかと思います。
 
もちろん普通のTシャツでもプレーできないことはないのではないかと思いますが、
汗をかくのが当たり前のスポーツですので、着心地が次第に悪くなっていきます。
その点、ドライTシャツは汗をかいても着心地は変わりませんので、
フットサルに適した生地だといえるのではないかと思います。
 
単純に何となくの見積もりを知りたいだけなのであれば、
適当なデザインを考えて見積もりに出すという方法もあるのではないかと思います。
もちろん見積もり後もデザインを変更することは可能ですし、
見積もりだけであれば基本的に無料なことが多いですので安心です。
 
デザインをご自身で決めるのが難しいという方もいらっしゃいますが、
そのような方はデザインを入れる場所だけを指定して、
あとは業者が持っているデザインやロゴのテンプレートを利用することも可能です。
そのデザインをどのようなプリント方法でユニフォームにくっつけるかを決め、
あとはオーダーする枚数を決めればそれで発注はほぼ完了です。
 
きっちりとデザインやその位置、色使い、それからTシャツの生地などを決めたら、
最終的な見積もりが出ることになります。
その際に、思っていたよりも高くなった、ということもあるのではないでしょうか?
そうなった場合は、デザインなどを再度見直して再見積もりを出すことになります。
 
再見積もりを何度もしていると時間がかかりますので、
どこかを妥協することになる可能性もあります。
しかし、最初から余裕を持って注文しておけば、
納得のいくまでデザインを繰り返し何度も再見積もりを出してもらうことができます。
ユニフォームを作るのであれば、できるだけ早めに注文することをお勧めいたします。